ラフなファッション特集ラフなファッション特集

おうちで過ごす時間が増え、カジュアルなファッションを選ぶようになった方も多いのではないでしょうか。今回は、dポイントがたまる・つかえるお店のなかから、ルームウェアやカジュアルな装いが揃うショップをご紹介します。

おすすめのお店

  • 家族でラフなファッションを楽しむなら

    GLOBAL WORK
    dpoint

    『GLOBAL WORK』

    ファッションを通して「自分らしさ」を教えてくれる、カジュアルファッションブランドの「GLOBAL WORK」。著名なデザイナーやキャラクターとのコラボ商品もあり、子どもから大人まで、幅広い層に愛されています。

  • 大人のストリートスタイル

    ディヴァイナー
    dpaydpoint

    『ディヴァイナー』

    トレンドやスタンダードなデザインに、男らしさを加えた"大人のストリートスタイル"を提案するメンズファッションブランド。 K-1ファイターとのコラボ商品も展開しており、ワイルドなデザインが人気を集めています。

  • 触り心地の良いルームウェア

    Francfranc
    dpaydpoint

    『Francfranc』

    心地よい毎日を提案するインテリアショップ「Francfranc」は、ルームウェアのラインアップも。首回りや足元の冷えを軽減させるデザイン、心地よい肌触りや着心地を実現した自慢の品々が揃っています。

  • 抜け感のあるリラックスコーデ

    マイノリティー
    dpoint

    『マイノリティー』

    トレンド感を適度に取り入れつつも、自分なりの着こなしを気負わず楽しめるアイテムを展開するメンズセレクトショップ。ゆったりとしたシルエットから、さわやかさやメリハリのある装いまで、さまざまなスタイルが楽しめます。

おうちファッションのお店をもっと探す

コラム

ラクだけどだらしなく見えない、おうちコーデのポイント

家ではラクな格好で過ごしたいけれど、最低限ルーズに見せない着こなしは意識したいところ。今回は原宿で古着屋を経営する傍らで、スタイリストとして雑誌やYouTubeで活躍しているICCHOさんに、男女どちらにもあてはまる、ラクだけどオシャレな着こなし方を聞いてみました。

無地全盛だからこそ重要なカラーバリエーション

無地全盛だからこそ重要なカラーバリエーション

リラックスできるおうちコーディネートというと、やはり重視したいのが肌ざわり。綿100%が注目されがちですが、ICCHOさんによると、最近ではポリエステルなどの化学繊維の質が向上しているようです。

「ここ数年で化学繊維が見直され、質感が一気にレベルアップしています。もう着心地が悪いということはありませんし、人によってはサラサラした肌ざわりから、化学繊維の方が好きだという方もいます」

そんな化学繊維の魅力の一つが、色がキレイに染まること。最近ではスウェット一つをとっても、多彩なカラーバリエーションが存在し、その選び方が“だらしなく見せない”一つのポイントとなるようです。

「スウェットといえば白や黒、グレーが定番ですが、これらの色は質の見分けがつきやすいんです。そこで、スタンダードから一歩外れた色を選ぶと、オシャレに見えやすくなります」

なかでも、ICCHOさんのイチオシは、カーキやマスタードといったアースカラー。これを、トップスに持ってくると、締まり過ぎずに抜け過ぎず、大人の印象になるのだとか。なお、最近は“なるべくシンプルだけど、シンプル過ぎない”というのがトレンドであることから、基本は無地を選択し、総柄は避けた方がよいでしょう。

だらしなく見せない上下、小物の着こなしとは?

だらしなく見せない上下、小物の着こなしとは?

ラクなおうちコーデというと、ファストファッションのスウェット上下セットをイメージしがち。ですが、ICCHOさんによると、あるアイテムと掛け合わせるのがベターだそうです。

「たとえば、同じスウェット素材でもパーカーをチョイスし、コーデュロイパンツやチノパンを合わせて着こなすのがオススメ。都会っぽいスタイリッシュ感が出ますよ」

ほかにも、ICCHOさんがオススメしていたおうちコーディネートがこちらです。

【トップス】
・ロングTシャツはヘンリーネックのものがルーズにならず、大人っぽさを演出できる
・ポロシャツはスタンダードな鹿の子編みではなく、ニット編みの物を選ぶことで上品な見た目に
・明るめのブラウン、チャコールグレー、紫など、少しくすんだ色のパーカーは、着心地が良いのに部屋着感がなくて優秀
・フリースのジップジャケットは、ここ数年で素材の質がUP。毛足が長いものは1枚はおりたいときに最適

【ボトムス】
・テーパードシルエットのパンツはラクで動きやすいのに、スマートな見た目に。オーバーサイズのトップスともマッチ

【小物】
・髪を整えるのが面倒なら、ベレー帽やハンチング帽をかぶって清潔感を演出。職場環境として問題ない場合は、オンラインMTGなどのときにも便利。

なお、柔らかな部屋着では、オーバーサイズの着こなしもポイント。肩幅はゆとりがあるぐらいのサイズ感にすることで、顔が小さく見えます。特に、男性は身体のラインを見せない方がスマートです。

ラクな着心地でも、オシャレを演出できるおうちコーディネート。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?