テイクアウトにもぴったり!サクッと食べられるお手軽グルメ特集テイクアウトにもぴったり!サクッと食べられるお手軽グルメ特集

ハンバーガーショップや牛丼店など、忙しい時には気軽にパッと立ち寄れるお店で食事をしたり、テイクアウトをしたりしたいですよね。今回は、そんなおいしく手軽に食べられるメニューが揃い、さらにdポイントカードとd払いを同時に利用することで、両方分のポイントがたまるとってもおトクなお店をご紹介します。

おすすめのお店

  • 楽しく手軽にお寿司を満喫

    かっぱ寿司
    dpaydpoint

    『かっぱ寿司』

    手頃な価格で、気軽に立ち寄れる回転寿司店。ラーメンやプリンといったサイドメニューも人気です。1人前からオーダーできるお持ち帰りメニューも充実しています。

  • 淹れたてのコーヒーと共にお食事を

    倉式珈琲店
    dpaydpoint

    『倉式珈琲店』

    細目に挽いた豆を短時間で抽出した、香り高くコクのある珈琲を提供しています。一部店舗では、サンドイッチやキーマカレーなどのテイクアウトも行っています。

  • 期間限定オリジナルメニューも充実

    すき家
    dpaydpoint

    『すき家』

    定番の牛丼に加え、横濱カレーや海鮮丼などが食べられるのも、「すき家」の魅力。ほとんどのメニューがお持ち帰り可能で、出来立てホカホカの一品をおうちでもお楽しみいただけます。

  • 熱々ジューシーな出来立て小籠包

    台湾小籠包
    dpaydpoint

    『台湾小籠包』

    看板メニューの小籠包は、注文を受けてから手包みし、蒸したて熱々の状態で提供しています。一部店舗では、焼売や炒飯が入った「中華弁当」のテイクアウトも可能です。

  • 飲茶、パスタなどのメニューも

    ミスタードーナツ
    dpaydpoint

    『ミスタードーナツ』

    おうちで食べるおやつには、ドーナツやパイがおすすめ!「ミスタードーナツ」では、飲茶やパスタなど、世界を代表するお手軽グルメも手頃な価格でお楽しみいただけます。

  • “日本で生まれ、日本の味を大切にする”ハンバーガー

    モスバーガー
    dpaydpoint

    『モスバーガー』

    日本人の味覚に合うよう、試作を重ねた先に完成した「モスバーガー」や、味噌と醤油を使った「テリヤキバーガー」、お米を使った「モスライスバーガー」など、日本の食文化を取り入れたユニークな商品発売しています。

お手軽グルメのお店をもっと探す

コラム

グルメで旅する!世界のお手軽グルメ

世界にはさまざまなお手軽グルメがあります。普段からよく目にするあの料理、どの国が発祥かご存じですか?今回のコラムでは、意外と知られていない世界の軽食・おやつメニューの歴史や逸話をご紹介します♪

オーブンで焼きたてがおいしい
「キッシュ」

オーブンで焼きたてがおいしい「キッシュ」

キッシュは元々、フランスのロレーヌ地方で食べられていた郷土料理と言われています。小麦粉と卵をベースとした生地(パートブリゼ)に具材(ガルニチュール)を詰め、卵や生クリームを合わせたアパレイユを流し込んでオーブンで焼きます。

フランスのお好み焼き的な存在の
「ガレット」

フランスのお好み焼き的な存在の「ガレット」

フランスのブルターニュ地方で、古くから庶民の味として親しまれてきたガレット。寒冷なこの地域ではそばの栽培が盛んで、「太陽で温まった石の上にこぼしたそば粥が固まって、剥がしたら美味しかった」ことから生まれたという逸話があるそうです。

肉や野菜を載せた食事メニューから、フルーツやクリーム入りのスイーツまで、さまざまな種類のガレットが食べられています。

ピザをより簡単にテイクアウトできる
「カルツォーネ」

ピザをより簡単にテイクアウトできる「カルツォーネ」

イタリアを代表する人気料理のひとつがピザ。その具材を生地で包み込むように巻いて焼き、スナック感覚で食べられるようにしたのが「カルツォーネ」です。

現地で一番オーソドックスなカルツォーネは、具材にトマトソース、リコッタチーズ、ハムを使用します。さらに、このカルツォーネを揚げたものを「フリッタ」と呼び、釜を必要としないことから、お手軽な料理として現地では愛されています。

フランスとベトナムの食文化が融合した
「バインミー」

フランスとベトナムの食文化が融合した「バインミー」

フランスパンを使ったベトナムのサンドイッチ「バインミー」は、フランス統治時代に生まれたメニューです。
ベトナムでもっともスタンダードなバインミーは、豚レバーのパテをサンドしたもの。ほかにも、豚もも肉のハム、蒸し豚のすり身などを使ったものが人気で、最後にヌックトゥンという醤油で味付けするのが一般的です。

実はバリエーションが豊富な
「タコス」

実はバリエーションが豊富な「タコス」

ここ数年で日本でも専門店をよく見かけるようになったタコス。メキシコでは国民食として愛されており、トウモロコシの粉を練って焼いた「トルティージャ」で、主にトマトベースのサルサ(ソース)と具材を包んでいます。

メキシコ北部では小麦粉を使ったトルティージャも多く、これで具材を巻いた料理は「ブリトー」という呼び名の方が、日本ではメジャーかもしれません。さらに、お隣のアメリカに行くと、U字型のトルティージャを揚げた「タコシェル」を使ったタコスが一般的になります。他にも、トルティージャにサルサをかけて焼いた「エンチラーダス」、揚げたトルティージャにチーズをかけた「ナチョス」なども人気です。

【参考】
『キッシュとテリーヌ』(渡辺麻紀著)
『体にうれしいそば粉で作る 副菜いらずの満足ガレット』(川上文代著)
『メキシコ料理 Tepito レシピブック』(滝沢久美著)
『ベトナム料理は生春巻きだけじゃない ベーシックからマニアックまで おいしいレシピ88』(足立由美子、伊藤忍、鈴木珠美著)
『ピッツァ プロが教えるテクニック』(柴田書店発行)