前へ

2021年11月30日

次へ

据え置きゲーム派 or スマホゲーム派?最新ゲーム事情を徹底調査!据え置きゲーム派 or スマホゲーム派?最新ゲーム事情を徹底調査!

据え置きゲーム派 or スマホゲーム派?
最新ゲーム事情を徹底調査!

スマートフォンの普及によって誰でも手軽にゲームができる時代になった現在。PlayStation(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)やNintendo Switch(任天堂)といった家庭用ゲーム機でプレイする据え置きゲームも未だ根強い人気で、毎月のように新作が登場しています。

今回15-59歳を対象に「ゲーム・スマホゲームに関するアンケート」を実施したところ、6割以上の方が日常的にゲームをしていることが分かりました。

このように今や子どもから大人まで幅広い世代で親しまれているゲームですが、どのくらいの頻度や時間でプレイしているのか、どのようなゲームが今人気なのかなど、最新のゲーム事情について詳しく調査してみました。

目次

普段どのくらいゲームをする?頻度や時間を聞いてみた!

あなたは普段ゲーム機やスマートフォンでどのくらいゲームをしますか?あなたは普段ゲーム機やスマートフォンでどのくらいゲームをしますか?

はじめに、普段ゲームをする頻度について伺ってみたところ、6割以上の方がほぼ毎日ゲームをしていることが分かりました。

続けて、1日のプレイ時間についても伺ってみましたが、最も多かった回答が30分~1時間未満で27.0%、次いで1~2時間未満が23.9%、30分未満が21.6%と、大体1時間前後ゲームをしている方が多い傾向にあるようです。

据え置きゲームVSスマホゲーム!
令和で主流のゲームと言えば何?

昭和から平成の中頃までは、ゲームと言えば任天堂のファミリーコンピューターを代表とする家庭用ゲーム機が主流でしたが、令和となった現在ではどのようなデバイスでゲームをするのがメインとなっているのでしょうか。

その真相を探るべく、「あなたがゲームをする際によく利用するデバイスは何ですか?」という質問をしてみました。

あなたがゲームをする際によく利用するデバイスは何ですか?あなたがゲームをする際によく利用するデバイスは何ですか?

結果としては、スマートフォンでゲームする割合が87.5%と圧倒的に高く、かつて主流だった据え置き型ゲーム機や携帯型ゲーム機などの家庭用ゲーム機は大きく水をあけられる形となりました。

このことから、昨今のゲーム人気はスマートフォンの普及による影響が色濃く出ていることが明らかになった一方で、据え置きゲームでは10~20代の若年層の人気が依然として高いことも分かりました。

また近年注目されているVRゲームも、2016年は16.8億ドルだった市場規模が2024年には728億ドルまで拡大すると言われています。[1]

今回の調査では、VRゲームを経験したことがある方は9.7%と全体の1割ほどにとどまりましたが、経験はないが興味があると回答した方は44.3%と半数に迫る勢いとなっています。

さらに、テレワークやおうち時間の増加など私たちの生活環境も以前と大きく変わったこともあり、今後のスマホゲームと据え置きゲームの勢力図にも、新たな動きが見られるかもしれませんね。

【最新ランキング】いま人気のゲームジャンルはこれ!

ゲームが好きと言っても、アクション、ロールプレイング、シューティングなど、好みは人それぞれですよね。

そこで続いては、現在どのようなゲームのジャンルが人気なのかを探るべく、「あなたが好きでよくプレイするゲームのジャンルは何ですか?」という質問をしてみました。

あなたが好きでよくプレイするゲームのジャンルは何ですか?あなたが好きでよくプレイするゲームのジャンルは何ですか?

総合で最も人気だったのがパズルゲームで、およそ2人に1人(48.1%)がプレイしているようですが、男女別で見ると、女性で67.0%、男性で29.6%と圧倒的に女性に人気であることが分かりました。

対して、男性で最も人気なジャンルとしてはロールプレイング(40.2%)、次いでアクション(32.2%)となっていますが、全体的に見ると女性と比べて好きなゲームにバラツキがあることも特徴的でした。

また今回「分からない」と回答した方が、全体の1割ほどと比較的多くいらっしゃいました。一昔前と違ってアクション×RPG、パズル×シミュレーションと言ったように、様々なジャンルの要素が合わさったゲームが多くなってきています。

また最近では、同じスマホでプレイできるゲームでもSNSをプラットフォームにしたソーシャルゲーム、いわゆる「ソシャゲ」というジャンルも増えてきて、ゲーム環境もかなり複雑になってきました。

そのため、特別ジャンルは意識せず、ゲームを選んでいる方も多くなっているのかもしれませんね。

ゲームにかける金額はどのくらい?
1ヶ月の購入金額・課金状況をリサーチ!

ゲームと言えば、かつてはデパートや玩具店で購入するものでしたが、現在はソフトをオンラインでダウンロードできたり、スマホゲームは有料アプリを購入するか、基本プレイは無料で必要に応じて課金したりと、購入方法も多岐にわたります。

果たしてこうした状況下で、みなさんはどのくらいゲームにお金をかけているのでしょうか。

今回はデバイス別で「パソコン・据え置き型ゲーム機・携帯型ゲーム機」と「スマートフォン・タブレット」の2つのカテゴリに分けて、1ヶ月の購入金額や課金状況を伺ってみました。

1ヶ月でゲームソフトにどのくらいの金額をかけますか?1ヶ月でゲームソフトにどのくらいの金額をかけますか?

まずゲームソフトの購入が必要なパソコン・据え置き型ゲーム機・携帯型ゲーム機をよく利用する方から見てみると、1ヶ月に1万円以内と回答された方が全体の約8割に上りました。

一方、スマートフォンやタブレットでの課金状況を見てみると、約6割の方が一度も課金したことがないことが分かりました。特に女性は73.1%と男性よりも1.5倍近く多く、スマホゲームへの課金は少ないようです。

見方を変えれば、現在はお金をかけなくてもクオリティの高いゲームをプレイできる、恵まれた環境にあると言えるのかもしれませんね。

まとめ

あなたがゲームをする理由は何ですか?あなたがゲームをする理由は何ですか?

最後に、みなさんがゲームをする理由について伺ってみたところ、「面白いから(53.9%)」「趣味(27.2%)」といった「ゲームをプレイすることが目的」という方だけでなく、「暇つぶし(63.6%)」「ストレス解消(30.5%)」「隙間時間にできる(27.5%)」など、「ゲームが目的にフィットする」という理由からプレイしている方も多い傾向にあることが分かりました。

また自由回答では「ポイントをためるため」という回答も複数ありましたが、最近ではゲームを楽しみながらポイントを貯められるサービスも増えています。

これまでゲームにはあまり興味がなかった方でも、ポイントをためるといった楽しさもありますので、ぜひこの機会に、ゲームの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

アンケート調査レポート

dポイントクラブアンケートでは、最新の流行や人気のあるテーマについてアンケートを実施し、その結果を毎月調査レポートにまとめて更新しています。

次回の調査レポート公開予定

テーマ「家電」2022年1月公開予定。
お楽しみに!

dポイントクラブアンケートとは?

アンケートモニターになって、アンケートに回答するとdポイントがおトクにたまるサービスです。