2017 8th Dec. 更新! 2017 8th Dec. 更新!

メインイメージ メインイメージ

手を伸ばせば届きそうな宇宙の世界 冬の夜空を旅してみよう! 手を伸ばせば届きそうな宇宙の世界 冬の夜空を旅してみよう!

月について教えてくれたのは…

PROFILE

鈴木祐二郎先生 星空&月の神秘や、その魅力を発信する「星空の学校 ~École Étoile~(エコエト)」の代表。子供向けのワークショップなども多数開催している。

鈴木祐二郎先生写真

自作の望遠鏡を作ろう! 自作の望遠鏡を作ろう!

section1イメージ
section1イメージ

今回使ったのは「コルキット スピカ」という工作望遠鏡。簡単に作れて、1時間程度で完成します。できあがった望遠鏡を自分なりにデコレーションしてオリジナリティを高めると、夜空観察へのワクワク感もUP!

外に出て、月を見てみよう! 外に出て、月を見てみよう!

section2イメージ
鈴木先生

鈴木先生からのアドバイス

望遠鏡は倍率が高く、手で持ってのぞくとブレて見えにくいので、カメラの三脚で望遠鏡を固定して観察をしましょう。暗くなる前に遠くの建物を見て練習するとGOOD!

なるほど…
section2イメージ
こんな風に見えたよ!

肉眼だとつるっとした満月も、望遠鏡で見るとたくさんのクレーターでデコボコしています。条件が重なると、写真のように真っ赤に見えることもあるんです。

鈴木先生からのアドバイス

月が何時にどの方角から出るか、事前に調べてから観察しましょう。天体について調べておくと、見えたときの感動が違います。作った望遠鏡で土星も見られるんですよ!

section2イメージ section2イメージ
section2イメージ

美しいムーンロードが…

月の光が水面に反射して輝くムーンロードは、満月付近の数日間しか見られない貴重な景色。満月の夜を狙って海沿いで観察してみて!

section3イメージ

望遠鏡で見える付きをスマホで撮影しよう!

1 望遠鏡を三脚に設置。照準を月に合わせる。 2 スマホのレンズを望遠鏡の覗き口にセット。 3 スマホに月が表れたらシャッターを押そう!

section3イメージ

一大イベント 皆既日食を見逃すな!

太陽と地球と月が一直線上に並び、月が地球の影に隠れてしまう月食。満月から徐々に欠けていき、地球の影にすっぽり。このとき月はオレンジ色に見えます。月が普段とは違う見え方をするこの神秘的な現象が、なんと2018年の1月に全国で見られます。その姿を望遠鏡でぜひ観察してみましょう!

section4イメージ

太陽と地球と月が一直線上に並び、月が地球の影に隠れてしまう月食。満月から徐々に欠けていき、地球の影にすっぽり。このとき月はオレンジ色に見えます。月が普段とは違う見え方をするこの神秘的な現象が、なんと2018年の1月に全国で見られます。その姿を望遠鏡でぜひ観察してみましょう!

インフォメーション

section4イメージ
section4イメージ

この時期の代表的な星座をチェック!

  • オリオン座

    冬の星座の代表格。一等星がふたつもある明るい星座。中央に星が3つ並んでいるのが目印。

  • ふたご座

    同じくらいの明るさで輝くカストルとポルックスがふたつ仲良く並んでいる姿が特徴の星座。

  • おおいぬ座

    シリウスという明るい星から作られる星座。この星から冬の大三角形やダイヤモンドも探せます!

  • おうし座

    アルデバランという赤い星を中心に形成される星座。他にも昴という星の集合体も観測できます。

見頃:12月下旬~4月初旬ころ(4星座共通)

section5イメージ

知れば知るほど興味深い! もっと勉強してさっそく夜空を見に行こう!

今回は月にまつわる話を中心にご紹介しましたが、望遠鏡では他の惑星や星座も観測することもできます! もっともっと夜空を観察して、宇宙の神秘に近づきましょう!

新着特集

 

つかえるおトク情報

育児あるある川柳

凄弁

子育て応援ムービー

子育て応援プログラムトップへ戻る